生まれたばかりの新生児がいびきをかくようなら

生まれて間もない新生児がいびきをかいている場合、何らかの先天的な異常が起こっている場合があります。すぐに病院にかかることをおすすめします。

 

これはいびきをかくこと自体が病気であるためではありません。ご存知の通り、大人の方もいろいろな原因でいびきをかきます。疲労やストレス、アルコールの影響などでいびきをかくこともありますし、花粉症などの鼻の異常がいびきを引き起こすこともあります。こうした時のいびきは、ある意味し方ないものであり特に対処しなくてもあまり影響はないでしょう。

 

しかし発育途上で脳や体の各部に新鮮な酸素を行き渡らせるための呼吸器官がまだ不完全な新生児にとっては、いびきが致命的になりえます。発育不良や脳への障害といったことを引き起こす可能性もあるため、決して見過ごせるものではありません。

 

例えば、扁桃肥大が新生児のいびきの原因である可能性があります。扁桃肥大の症状が治まることでいびきが止まることもあります。ただ、扁桃肥大は小学生くらいがピークとなり、この時期にもう一度いびきが再発する可能性もあります。いびきだけでなくSASにまで発展することもあるので、新生児の時に扁桃肥大を発症した場合は注意したほうがいいでしょう。

 

扁桃肥大が治らない場合やのどやあご、舌などに何らかの異常がある場合は早々に何らかの手を打たなければいけません。いびきに限らず、赤ちゃんの呼吸がおかしい、苦しそうという時はすぐにお医者さんに相談するようにしてください。