舌根沈下が原因のいびきについて

人間は口を開けると、自然に舌がのどのほうに移動してしまうものです。寝ている時に口を開け、口呼吸で眠っている方はこの「舌根沈下」が原因でいびきを引き起こすことがあります。

 

特に仰向けで眠っている方の場合、舌根沈下はのどの入り口、気管をふさぐためいびきと密接に関連します。横向きやうつぶせで眠っている場合と違い、重力が働く方向が舌根沈下の方向と一致するためますます沈下現象が呼吸を塞ぎやすくなるのです。睡眠中は舌の筋肉も弛緩するため、自分でこの舌根沈下をどうにかすることができないということもいびきの原因です。

 

しかも太っている方の場合、おなかが出っ張っていることや腰痛を招きやすいことなどを理由にうつぶせや横向きの睡眠を嫌がり、仰向けで眠ろうとする方が多いものです。確かに一番寝つきやすい姿勢でしょうし、太っている方でなくても仰向きで何の問題なく眠っている方も多いです。しかし太っていていびきをかきやすい方には、仰向けの睡眠は以上の理由からあまりおすすめできません。

 

仰向けで寝ないようにすることも大切ですが、舌根沈下が原因のいびきに悩まされている方はもっと根元からの対策をすることも考えていきましょう。一つの方法はダイエットになるでしょう。痩せると舌そのものも小さくなりますし、舌根沈下以外に気道をふさぐ原因となる首周りの脂肪もとれます。

 

もう1つは口呼吸の改善です。鼻づまりなどを解消することが近道となる方もいるでしょうし、睡眠中に口呼吸を抑制するためのグッズ(テープなど)を使っていくのも一つの方法です。