脳梗塞との関係

脳梗塞になりますと、いびきをかくといわれます。これは脳梗塞によって脳の機能が破壊され、喉なの筋肉が弛緩し、舌が落ち込んでしまうことで気道が圧迫され、いびきをかくということになります。

 

普段いびきをかかない人などが、急におおいびきをかく場合、気絶して倒れたと思ったらいびきをかきだした場合などは非常に危険です。特に気絶していびきをかくという場合は、脳梗塞である可能性が高いので、すぐに救急車を呼ぶべきでしょう。寝ているように見えていびきをかいている場合は、少し体を触って反応をみてみましょう。全く反応が無い場合は、気絶した場合と同様です。即、救急車です。

 

脳梗塞は脳内の血管が破裂して脳組織を壊してしまう恐ろしい病気です。措置が遅れると命に関わります。また時間によって、命が助かったとしても、その後重度の後遺症に悩まされる可能性もあります。一刻も早い対処が必要な事態であるということを把握しておきましょう。

 

目の前で倒れるなどの行動を目撃すれば、ただ事ではないのは理解できます。しかし、寝ていていびきをかいているのか、脳梗塞で倒れていびきをかいているのか分からないような場合は困ります。普段いびきをかかない人が大いびきをかいているような場合は、念のため、頭を揺さぶらないように軽く体をゆすって声をかけ、起こしましょう。これで文句を言われても、それはそれで済むことです。しかし、脳梗塞によって全く反応が無い場合は、それでは済みません。

 

いびきというと寝ているときにかくものだという思い込みがあるかもしれません。しかし、このように緊急事態の病気によって引き起こされる場合もあるのです。基本的な知識として知っておきましょう。