アルコールを控えること

いびきを軽減する方法の1つに、アルコールを控えるというものがあります。普段あまりいびきをかかない人も、お酒を飲んだ後に寝ると大きないびきをかいているのを見たことがあると思います。いびきに悩んでいる方は、是非試してみてはと思います。

 

いびきとアルコールが関係しているのはなぜでしょう。それはアルコールが筋肉の緊張をほぐす効果・血管を膨張させる効果を持っているためです。お酒を飲んで筋肉の緊張をほぐすと、リラックスでき気持ちよくなることも多いでしょう。しかしこのことで首周辺の筋肉をゆるめてしまうと気道を狭めてしまうことにもつながります。喘息などを持っている方も、アルコールで発作を起こすことが結構あるものですよ。

 

もう1つ、血管の膨張によって鼻がつまりやすくなるのもアルコールの効能の1つです。口呼吸もいびきの大きな原因となりますので、お酒はほどほどに控えたほうがいいですね。

 

アルコールを控えることはいびきの軽減につながるのですが、アルコールと同じように筋肉の疲労・鼻づまりを引き起こす原因はたくさんあります。特に疲労・寝不足状態で睡眠するといびきはひどくなってしまいます。アルコールを含めた生活習慣の総合的な改善が、いびきを軽減するための一番の策と覚えておいてください。

 

もっと言えば、いびきは生活習慣病などと密接な関係があるともいえます。年齢とともにいびきをかくようになった、生活環境が変わってからいびきが大きくなったという方は健康状態に気を配るようにしてください。