子供がいびきをかいているのに気づいたら

いびきは本来、大人だけがかくものであり多くの方もそのように思っているでしょう。ただ、いくつかの原因で小さな子供がいびきをかくこともあるのです。

 

逆にいえば、子供のいびきは健康面でならんかの問題があることを示しているわけです。体が小さく、発育途上にある子供にとって睡眠は大人以上に大きな意味をもちます。よい睡眠がとれないことが続けば、子供の発育にも影響を及ぼしかねません。子供のいびきに気づいた時には、早めに対処を行うようにしてください。

 

子供のいびきの原因の1つが、鼻炎や喘息などといった鼻の疾患です。鼻で十分な呼吸ができないために起こるいびきで、大人の方が花粉症や風邪の時にかくいびきと基本的には同じメカニズムです。一時的なもの(風邪など)であれば取り立てて心配するほどのものではありませんが、いびきが長く続き子供が寝苦しそうにしているのであればしっかり鼻づまりを治すようにしてください。

 

もう1つ、結構多くのお子さんがいびきをかく原因となっているものに「扁桃腺の肥大」があります。扁桃腺が腫れあがって物理的に気管を狭めるというものであり、ある意味鼻の疾患以上にやっかいな原因です。こちらも症状がひどい場合、早めに治療を行うことが大切です。手術ということになっても、子供が大きくなる前に行う方が楽にすみますよ。

 

お子さんがいびきをかく、寝苦しそうに眠るというのは見ている親御さんからも辛いものです。かかりつけの医師や呼吸器科・耳鼻科などの診察を早めに受けるようにしてください。