子供のいびきには要注意

子供は本来、いびきをかくことはほとんどありません。もし子供がいびきをかいている場合、健康面で何らかの異常があるといえるでしょう。保護者の方は、たかがいびきと甘く見ないことが大切です。

 

いびきの原因で一般的なものが、鼻づまりです。鼻風邪などをひいている時も、子供がいびきをかく可能性がありますね。この場合は、あまり心配ないといえるかもしれません。原因となっている鼻炎・風邪・花粉症などが治ればいびきも解消されることと思います。

 

もう1つ、極端に太っているお子さんもいびきをかく可能性があります。太っていてあおむけで寝るくせがあるお子さんは、結構大人顔負けの大きないびきをかくことがあるものですね。

 

最後に、最も気をつけなければいけないのが扁桃肥大の可能性です。「扁桃腺」という名称で結構知られている症状ですね。この場合、治療しなければいびきは治りません。

 

いびきだけでなく、もっと悪い影響が出てくることもあります。酸素不足によって発育に影響が出てくる可能性もあります。子供のうちから寝不足によって勉強などが妨げられることもあるため、絶対に見過ごすことができない症状ですね。

 

最悪の場合、睡眠時無呼吸症候群や嚥下障害などを引き起こすことまであります。特に鼻づまりなどをしているわけでもないのに子供がいびきをかいているという場合、咽喉科などにかかって扁桃肥大の診断を受けてみてください。軽度であれば薬の投与で治療できますが、症状が重ければ手術を受けなければいけません。